医療機関のレーザー脱毛と、エステの光脱毛、どちら?

アトピー肌でも全身脱毛を受けることは可能です。アトピーの方はもともと角質が薄く、加えて皮脂の分泌が生まれつき少ないために、表皮が乾燥してもろくなっています。

 

ちょっとの刺激で角質が剥がれやすく、それが症状の悪化につながってしまいます。カミソリ、毛抜き、脱毛テープ、ワックスなど、皮膚が物理的な損傷を受けるような方法は避けましょう。除毛クリームは低刺激のものが発売されていますが、肌のコンディションによってはやっぱり心配です。広範囲を処理する場合はなおさらですよね。

 

おすすめできるのは、美容外科や皮膚科などの医療機関で行っているレーザー脱毛です。毛根だけを熱処理するので皮膚への刺激、ダメージは比較的少ないです。日本医学脱毛協会でも、アトピー肌でも脱毛を受けることは可能であり、また脱毛で症状が悪化することはない、としています。

 

なんといっても、カウンセリング時に、医師に自分の症状を、直接相談できるため安心です。不安に思うことは全て、この場で聞いておきましょう。なお、実際に施術をするのは医師ではなく、スタッフということが多いです。この点だけ、注意してください。

 

エステサロンの光脱毛も同じしくみなので、こちらを検討している方もあると思います。光脱毛は、医療レーザー脱毛よりも出力が弱いため、一般に肌に優しいとされています。また、医師と提携してドクターサポートを行っているエステも少なくありません。

 

ですが、サロンでは万が一トラブルが起きた場合に、その場で医師に相談して適切な対処ということができないので、医療機関の方がより安心です。アトピー肌やアレルギーの方の施術を断るサロンも多いですし、最初から医療機関を検討した方が二度手間にならずに済むのではないでしょうか。

 

ただ、一口にアトピーといっても症状はさまざまで、肌の状態によってはすぐに全身脱毛の施術を受けられないこともあります。たとえば患部を引っかいてしまい肌に傷がついている場合、それから患部が熱をもっていたり、何らかの炎症を起こしている場合、アトピー肌にはよくある症状ですが、こうしたコンディションのときは施術は受けられません。レーザー脱毛は毛穴に高熱が加わるため、傷や炎症を悪化させてしまうのです。

 

アトピーの重症度を進めてしまう、ということはないのですが、肌に現れているトラブルは一時的に悪化するため、全身脱毛の施術は肌のコンディションが落ち着いてから、ということになります。

 

それから、手足の先やひざ下など血行がよくない部位の脱毛は肌が乾燥しやすいので注意です。上記のように、レーザー脱毛はムダ毛を熱処理するため施術後は肌が乾燥しがちです。血行がよいと血液から皮膚へ水分が供給されますが、血行不良だとその機能が働きづらいのです。アトピー肌はもともと乾燥しやすいので、特に注意しましょう。